ブログ

2018.12.21

【はちおうじ庭球塾ブログ】小野田賢プロによる特別レッスン

 6月に続き、12/17日小野田賢プロに再びレッスンにお越しいただきました。7月以降に入会してくれた選手たちにとっては、初めてのプロテニスプレーヤーによるレッスン。技術指導もみんなに分かりやすく指導していただき、全選手とラリー&ポイントもしていただきました。

IMG_0557[1]

 テニスだけではありませんが、スポーツにはそれぞれの”感覚”があり、指導するにあたり”感覚”を選手に教えることはとても難しい。「打点を前」「振り抜きをしっかり」「フットワークをもっと細かく」。このような言葉をよく使ってしまいます。教える側にはどれくらい打点が前・どのように振り抜くか・どれくらいフットワークを細かく使うか、というイメージが頭の中になります。しかしながら、教わっている側とそのイメージが必ずしも一致しているわけではありません。むしろ一致していない方が多いように感じます。その為、指導者と選手側の感覚の一致を目指し、写真や動画を用いて指導しています。しかし今回はプロのテニスを直に見ることで、プロがどのような感覚で打っているのか?!どこの打点?!どのような振り抜き?!フットワークの使い方。”本物”を時下で見、感じてもらうための非常に有意義な時間になりました。

IMG_0540[1] IMG_0551[1]

 今回感じてほしかったのは、「上のレベルでのスピード感」です。これこそ小野田プロにお越しいただいた最大の狙い。テイクバックが遅い・サーブが甘い・打った後相手を見る。これらも課題であり改善してもらい点だが、まだまだ発展途上にある選手たちにとっては、テイクバックが遅くとも、サーブが甘くても、打った後相手を見なくても、試合に勝ててしまうため、その必要性が実感レベルとして伝わりません。そこでラリー・ポイントで、小野田プロにガンガン打ってもらうよにお願いしました。当然ながら小野田プロと打てだ、普段のテイクバックでは間に合わず、サーブも打ち込まれ、打った後相手を見る事のないジュニアは、明らかに次のボールに対応できません。上のレベルを直に感じたことで、明らかに選手たちの意識も変わった事でしょう。

 上を目指すジュニア選手たちにとって、プロとの時間は本当に刺激になります。大切な事は、これを今後どのように活かすか?!です。与えられたものを、選手一人ひとりどう解釈し、日々の練習トレーニングに励むか。今後のジュニア達のテニスに期待です!!

 小野田プロ!!今回もありがとうございました!!

IMG_9299[1]