ブログ

2018.07.25

【境界なきアスリートサポートブログ】 第6回境界なきアスリートサポートカンファレンス 「腰痛」 ~失敗から学んだ腰痛の極意~

 7月22日、第6回境界なきアスリートサポートカンファレンス「腰痛」 ~失敗から学んだ腰痛の極意~ と題して、開催させていただきました。今回もお忙しい中、たくさんの方々にご参加いただきました。

IMG_8282[1]

 今回のカンファレンスは、「腰痛」という大きくざっくりとしたテーマで、ドクター・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・米国公認アスレティックトレーナー、それぞれ異なる資格者にお話をしていただきました。異資格というだけでなく、働き方・職場・主な患者/クライアント・経験などなど異なる5人が、「腰痛」というワンテーマでどのような話をするのか?!主催者として当日を楽しみにしていました。

IMG_8273[1]

 期待通り?!それぞれの視点から捉えた「腰痛」の話。とても興味深い。それに加え、今回はサブテーマに「失敗談」を取り入れました。中々に自分の失敗談を赤裸々に話すことは難しい。しかしながら、5人の講師陣に「失敗談」を取り入れようという話が出た時、誰一人として反対する人はいませんでした。自分の失敗談が今後の失敗を防ぎ、活かすことができる。そんな思いをみんなが共有してました。

IMG_8275[1] IMG_8276[1] IMG_8278[1] IMG_8279[1] IMG_8280[1] IMG_8281[1] 

 そして今回嬉しかったのは、志高い若者が参加してくれたことです。卒業を控えた学生から、入学間もない18歳の学生。カンファレンス後話を聞いてみると、彼の壮大な今後のビジョン、将来の夢を聞きました。講師陣はもちろんの事、志高い人たちが来てくれた中での全体討論会も盛り上がりました。

IMG_8274[1]

 全講師陣の話が終了した後、1時間ほどとって全員討論会。講師陣の話を踏襲した内容を考えておりましたが、話を始めると、なぜかテーマが「ぎっくり腰」に。面白かったのが、これだけのメンバー揃ったにもかかわらず、「ぎっくり腰って何?」というトピックに答えが出ませんでした。自分自身の捉え方・考え方を赤裸々に話すことが、みんなの新しい発見に繋がる。いつも通りですが・・・時間が足らず、着視点も見つからないまま終了の時間となりました。

 そしてこれまた恒例の交流会。京都や名古屋、静岡・茨城と遠方から来られている方たちが多いにもかかわらず、電車・バス時間ぎりぎりまで時間を共有しました。やはりというべきか、なぜかこの時間がいつも一番話が進む。

IMG_8292[1]

 実は後日談があり、講師陣を含めたグループラインがあります。今カンファレンスを踏まえ、侃々諤々の話が未だ進んでおり、文字通り終わりのない会話が続いております。

 良くも悪くも歳を重ねるごとに、意見を言ってくれる人は少なくなってしまいます。経験から研ぎ澄まされることが増えると同時に、視野狭窄し、今自分がやっていることが本当に選手・患者・クライアントのためになっているのか?!そんな事を一度立ち止まって改めて考えることができるこの機会とメンバーの皆さまにはいつも感謝感謝です。

 また近い時期の開催をさせていただきます。講師陣・ご参加いただきました皆様、今回もありがとうございました!!